ミニ四駆作ってみた

ミニ四駆に復帰していろいろと。

ミニ四駆作ってみた〜その350 「【JC2019】東京1に参加してきました♪」

今年もやってきましたジャパンカップ

歴代の中でも難易度はかなり上位に食い込む、そんな難しいレイアウトで。

f:id:poke4wd:20190617005448p:plain

ミニ四駆を知らない人がみても「これはひどい」となるくらいでは?(^^;

 

そんな中でも、一番の難所と思われていたのが、最初のデジタルゾーン2

ここの対策のために、実車のディスクブレーキ的なブレーキシステムを作ってみて。

poke4wd.hatenablog.com

こんな感じに搭載して対策とし。

そのほかにも、

  • モーターは開けぽんのHDP
  • ブレーキは貼るが全部マルチテープで隠蔽
  • リアのブレーキ付きスラダンにもAT機構を搭載

など、今回のコース用スペシャルなセッティングで挑んでみました。

 

受付時間が朝の7時から10時までと毎回、朝早いんですよね・・・

あたしは前日、バンドのセッション会に参加していて、二日酔い状態でw

よく朝起きれた・・・えらい・・・

 

9時50分くらい、ギリギリに受付したので番号は1400番台。

最終組とも言えるところでしょうね。

f:id:poke4wd:20190617005510j:plain

 

いつも一人参加のときは荷物は最小限です。

  • 予備パーツは本当に必要なものだけ
    (シャフト、ネジ関連、ゴムリング、ブレーキなどの消耗品のみ)
  • 工具もドライバ、マルチテープやブレーキ用のハサミくらい
  • 電池と電圧計

これくらいです。

 

レースは15時を回ったあたりに1400番以降全員が呼ばれて。

待ち時間が長いよ・・・w

今回は5レーンスタート加速ついてないとこにチェンジャーという最悪なレーン

こればっかりは運だから仕方ない・・・

 

そしてレーススタート。

最初のデジタルゾーンは難なくクリア、大外なので楽です。

ブレーキもしっかり効いていて、周りがモーター抑え気味の中、HDPで2位の位置。

キッカーフラップ台は普通に降り、富士通ヒップあたりのドラゴンは普通に超えて。

チェンジャーに。

実はチェンジャーはあまり気にしてませんでした

というのも、前後スーパーハードHDP3.7:1のギア構成。

パワーはあるので、登れるだろう、とタカをくくっていました。

しかし。

 

セミになりました。

・・・横向きのw

 

どんなふうになったか、図解します。

f:id:poke4wd:20190617005527p:plain

まず最初がジャンプ台になっていて、そこからバンクのかなり上の方に着地

あとは登るだろう、と思ってたら。

f:id:poke4wd:20190617005543p:plain

レーンに左バンパーがヒット

f:id:poke4wd:20190617005555p:plain

ここの部分、道幅が広いんですよね。

なんと、壁に当たった反動で向きが変わり

f:id:poke4wd:20190617005606p:plain

ドリフト状態?で壁を登って・・・ビタッと挟まりましたw

こんなセミのなり方、初めてだよ・・・

 

他のレースも見ていましたが、こんな感じの止まり方や弾かれ方してる方がけっこういました。

これってどうなのですかね・・・回避策あるのかしら?

あたしのマシンはフロントがほぼリジッド

なのでこんなふうに弾かれてしまった、って感じなのかな。

だとすると、フロントはスラダンじゃなきゃだめかも。

もしくは柔らかいピボットか。

19mmローラーだと柔らかいピボットは危険なんだよなぁ、タイヤにあたりやすい・・・

 

これは読めなかった・・・ぐぬぬ。

次回、東京2も参加できたらしますが、フロントどうしようかな・・・

また考えておきます。

 

しかしほんとに難しいコースですね。

やりがいありますw

 

ではでは。




ブロトピ:ブログ更新情報

ミニ四駆作ってみた〜その349 「【クラウドファウンディング】ミニ四駆のRC化!」

誰もが思い描いたであろう「ミニ四駆を自由自在にコントロールしたい」という(ドリーム)

公式からもラジ四駆なんてものがありましたが、コントロールできる幅が狭かったんですよね。

f:id:poke4wd:20190614011043j:plain

そもそも真っ直ぐしか走れないし(^^;

もう少し、ラジコンライクに、手軽でしかも好きなミニ四駆で走らせたい。

 

そんな夢を叶えるプロジェクトがあります!

f:id:poke4wd:20190614011112j:plain

市販のミニ四駆を、スマホで操作できるラジコンに改造できる夢のキット

bCore(びーこあ)レーサー」

greenfunding.jp

これです!

俺たちがやりたかったのはこういうやつなんですw

 

もともとが学生さんたちが卒業研究とかで作ってたプロジェクトだったのかな?

何年か前からイベントやクラウドファウンディングなどもされていたようです。

それが今回、新たに形となってできあがったようです♪

f:id:poke4wd:20190614011218j:plain

ボルトオンステアリングユニットなどを搭載し、ミニ四駆はほぼそのまま使用できます。

若干ワイドトレッドになるのは仕方ない・・・

とはいえ、スマホで操作可能で、ハンドルのような操作感で遊べるんです。

マッハダッシュとパワーチャンプで爆速で走り回れるwこれすごいと思います!

 

シャーシはS2MAの2種類らしいです。

あたしはとりあえずS2用のものを支援しておきました。

価格は9800

大人のおもちゃとしては安い!と言える価格だと思います。

f:id:poke4wd:20190614011251j:plain

 

こんな感じで、他の改造を邪魔しないので、ミニ四駆パーツのほとんどのものがそのまま使用できます

 

みなさんも夢、叶えてみませんか?(^^;

現時点で70万円以上の支援金がたまっており、100万円で目標達成らしいので♪

是非に!!

今からどんなボディをのせようか、楽しみです♪ 

 

ではでは。




ブロトピ:ブログ更新情報