ミニ四駆作ってみた

ポケモン勢がミニ四駆に復帰していろいろと。

ミニ四駆作ってみた〜その220 「ダウンフォース、検証」

前回、空力の話をしましたが、ちょっとツイッターで扇風機と測りを使ったダウンフォース実験をした方がいて。

あぁ!これや!w

ということで、あたしの環境でもやってみました。

ただ、うちのタニタの測りは1g単位でしか測れないので、ちょっとアレですが(^^;

 

まず使ったマシンとパーツ。

 

マシン:雷鼓

しっかりウイングが付いているマシンで、それっぽい形をしているので。

何気にミニ四駆って大型ウイングマシンって少ないような?

 

パーツ:よくわからないウイング

以前、後輩にもらった古(いにしえ)のミニ四駆パーツ群に紛れてたパーツw

これ、1世代ころのパーツらしくwレアもんやね。

でも、複葉ウイングなので、フラップ使ったダウンフォースも生まれやすいのでは?とチョイス。

 

f:id:poke4wd:20170802001723j:plain

 

まず、測りに乗せた状態でドライヤーの風を当ててみます。


ダウンフォース実験その1

 

なんと0g・・・

いや、たぶん1g以下なんだと思うw

ミニ四駆の形状でドライヤー程度の風じゃこんなもんさ。

あと、風の出所が小さく、マシンの下側に多く空気がたくさん流れると揚力ができちゃうので。

下手するとマイナスの値が出ちゃうw

なので、ぎりぎり平面っぽく当たる角度で風を当ててます。

(いちおうマシン下にも風は入っている)

 

次にウイングをつけた状態で。

f:id:poke4wd:20170802001811j:plain

このウイングは接着などしていません。

ただ、置いてるだけw

そのウイングを角度を変えたのと、位置を後ろにずらしたのと、3パターン含まれています。

 


ダウンフォース実験その2

  • 置いただけ:1g
  • 角度を付け:2g
  • 位置を下げ:2g

なんと2gかかります。

角度を45度くらい、もう少しハイマウントにすればたぶん56gは行けそうです。

 

ドライヤーの風ではどの程度の速度に相応する風力かはわからないですが。

2gというと、1/32スケールで計算すると約64kg

大人1人分くらいのダウンフォースかかってます。

 

比較としてF1がどれくらいか、というと。

時速320km/hのときに300kgかかってると言われていますw

嘘やん・・・なにそんなんで走れるのかよw

このダウンフォースを抜けるためだけに120馬力以上必要だとか。

まさにモンスターや・・・

 

でもミニ四駆はスケールスピードで960km/hで換算重量は5t

比較できへん・・・w

ただ、速度に対してダウンフォース2乗比例すると思うので、同じレベルの空力効果があれば2700kgくらいのダウンフォースはかけれることになります。

たぶん、ねw

逆算すれば、同じエアロダイナミクスがあるミニ四駆であれば、最高速度時(30km/h)で82gぐらいまでかけれる。

けっこうかかるんじゃんヘビーマスダン10個分だぞ…w

まぁF1と同等の空力設定は無理なので、良くても30gくらいか?

 

でも、前回の通り、ミニ四駆ダウンフォースをかけちゃダメ、ってものなのです。

なので、基本的にはないほうが速いはずで。

ほんとうにダウンフォースが必要なマシン以外はつけないほうがいいです。

0スラで、空力のダウンフォースだけで走るとかかっこいいけどwスラストより遅くなるはず

つまりこの検証はやるだけ無駄だ、とw

ぐぬぬーーーーー

 

 

ん?でもちょっと待てよ。

もしかしてなのか?

 

ダウンフォースじゃなくてアッパーフォース、必要なのは揚力なのでは!?

飛行機の翼のような形状にして、揚力を発生させ、グリップを抜く。

コーナーはスラストでダウンフォースを得ればいいわけで、たぶん走れるよ。

レース漫画「F」に出てきた「イルカペイント」みたいな!?

 

f:id:poke4wd:20170802002006j:plain

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/F_(漫画)

 

なんぴとたりとも、オラのめぇは走らせねぇべーーー!

 

これを研究するのはおもしろそう!

俗に言うリフティングボディミニ四駆でできるのかなスケールスピード的には行けそうなんだけど。

軽量化は限界あるけど、空力で軽くする、という発想はなかったのでは?

これはやってみたいねいい研究材料ができたw

 

ではでは。