ミニ四駆作ってみた

ポケモン勢がミニ四駆に復帰していろいろと。

ミニ四駆作ってみた〜その196「新マシン、考察してみる」

さて、トレサスマシンを作るのですが。

ここで詳細を考察してみよう。

 

・トレサス

なんだかんだ言ったってバネです、跳ねると思います。

バネはかなり弱めにして、ギアの噛み付き加減で調整できるといいのかな、と予想。

ダンパー部分にグリス盛る感じも。

でもメンテ性悪いよね

トレーリング部分も既存のものより1歩進めたい。

アカバー付きで可動できたらいいな。

 

・マスダンレス

今回はマスダンつけません!

これを目標に調整してみます。

 

アルミホイール+低反発orショック吸収

これも組み合わせて制振性を上げれないかと妄想です。

トレサスとの組み合わせ、相性はいかに!?

ホイールは中径を使います。

さすがに大径であのスポンジつけると30mm超えちゃうトルクチューン以外の選択肢がなくなる(^^;

新アイテムのショック吸収も試して、いい方を使おうかな、と。

前回書いたワンウェイはとりあえず保留で(^^;

アルミのかっこいい感じを使ってあげたいのだ。

 

ATバンパー

アンカーはまだ未完成なんですね(^^;

のでフロントはATで行きます。

トレサスもスラスト付きやすいので、ATとの相性は良さそう?

今回は13mmが乗せれるようにします。

 

FLシステム

リアはFLでいきます。

AT+FLならフレキの穴を埋められるハズ。

 

・ボディ

言うてなんでもいいんですがw

とは言えサス車に合うボディがいいですよねバギー系かなぁ。

今度再販されるビッグウィッグもいいかな、と思うのですがちょっと考えておこうかな。

 

 

 

こんな予定でいきましょうかね。

じゃまずはトレサスの研究からだ!!

 

ではでは。




ミニ四駆作ってみた〜その195 「飛形のよさと着地」

ジャンプ、まっすぐ飛びたいですよね。

あたしもそう「思って」いました。

 

過去形です。

現在はどう思っているかというと、「少し傾いて飛んで欲しい」。

 

頭から入るのがいい、と言うところは変わっていません。

減衰ゴムなしのフレキは頭から入ると跳ねにくいです。

ただ、水平に飛ぶと着地で跳ねることがあります。

しかも、レーンに当たっても、当たらなくても、コースアウトする可能性が高い感じ。

これに関してはフレキあまり関係ないかもですけど。

 

で。

前から入って、尚且つ斜めだとどうなるか。

1輪ずつ着地するモーメントになるんですよね。(これ前に書いた気がw)

右前から落ちると、右前、左前、右後、左後、といった順番。

この着地、接地とフレキの稼働、マスダンの稼働がスムーズに連動するとまったく跳ねません。

しかもレーンに当たる場合も、例えば右前下がりで斜めの場合、右側がレーンに乗ることはほとんどないです。

右側はレーンに入り、左がレーンに触れる。

でも、左が当たる時には右はもうレーンに入っている。

なのでコースアウト率が低く、またフレキなら当たってもスムーズに落ちやすい。

 

 

 

つまり。

フレキのマシンは飛形があまり良くない方がコースアウト率が低い、ということに。

水平に着地しようとするのが一番コースアウトするんじゃないかな、と。

なんだか不思議ですが・・・

 

そんな感じで。

まっすぐ飛びすぎない、少し斜めるくらいでちょうどいい論でしたw

 

ではでは。